代理店の『初期費用0円』の募集は本当か?

代理店の募集で、初心者が一番気を付けたいのが、初期費用の問題です。

一人で会社を立ち上げたる場合、ノウハウもなく、経営するのは非常に危険な賭けです。

代理店に加盟すれば、自分で一からサービスを開発したりする手間が省け、最初からノウハウを提供してもらえます。

代理店やフランチャイズの募集はコチラ

代理店の場合、自力で成功するまでに、約3年程度は赤字が続くと言われています。

そのため、黒字を出すまで、多大な出費がかかります。

この期間を耐えられるかどうかで、失敗と成功が分かれます。

代理店は、大手のネームバリューやノウハウを約束されるため、経営初心者にとっては非常に有難いシステムです。

しかしその代わりに、初期費用がある程度かかえってしまうのです。
その上、代理店になっても、必ずしも売り上げが出るとは限りません。

あくまでも売り上げは努力次第です。

代理店で「初期費用0円」という謳い文句を並べていることもありますが、実際には0円で済むケースは少ないです。

少なくとも30万円前後は必要になる可能性があるので、開業資金はしっかり用意しておきましょう。

代理店の初期費用は、それぞれの店舗によって異なります。

自分一人で開業するよりも、効率的に経営が勧められる、安く済むので、予算に余裕がない人には代理店は大きなメリットです。

ただし、代理店の場合は、ノルマが厳しい場合もあるので、ノルマが苦手な人にとってはネックになるでしょう。
契約前に、しっかりとノルマの有無をチェックしておくことをお勧めします。

やりがいを代理店に見つけるならコチラ